BL-50TX  BL-818  並列接続アダプタ  電池ケーブル お知らせ
■臨時休業のお知らせ
 下記の期間臨時休業いたします。この期間は誠に申し訳ないのですが、注文ならびにお問合せに対応できません。
■休業機関:6月9日(日)~ 6月21日(金)

■BLシリーズの定価を改定し値下げしました。
 9月15日よりBLシリーズの3製品の定価を改定し、値下げをしました。
 少しですがお求めやすくなりましたので、ご購入の検討をお願いします。
      BL-50TX    63,500円 → 57,500円
      BL-50TXS  48,500円 → 43,500円
      BL-818    36,500円 → 33,500円

■BL-50TX(250Wh)の電池を2台並列接続して500Whとして使えるアダプタ”BL-50PA”の発売を開始。
 BL-50TXを2台購入した皆様から「交信途中で電池BOXの取り換えが大変」との声で並列アダプタを製品化しました。
 BL-50TX(250Wh)2台なら500Whの電池として長時間の50W送信が楽しめます。また、BL-50TXS(153Wh)なら2台まで飛行機に手荷物で持ち込めますので島での長時間運用も楽しめます。

  製品の詳細はこちらから  並列接続アダプタ

■50W無線機との接続用の電池ケーブルの販売を開始。
 皆様からご要望の多かったBL-50TX/TXSと無線機を接続する軽量、小型の電池ケーブルの販売を開始しました。
 60gと軽く、移動運用専用にぜひにお役立て下さい。
さらにBL-50TXでもIC-705やFT-818で使いたいので移動専用の電池ケーブルが欲しいとの要望で専用の電池ケーブルも商品化しました。
 製品の詳細はこちらから  電池ケーブル 

■BL-818が IC-705 の外部電池としても対応可能になりました。
 接続用電源ケーブルを標準添付しましたので簡単にノイズレスの長時間の10W送信運用が楽しめます。
 外部アンテナチューナAH-4との電池動作も確認しました。この電池で運用可能です。
BL-818の詳細はこちらです。 BL-818

移動運用に最適な電池BOX BLシリーズ

アマチュア無線の移動運用に最適なリチウムイオン電池を使用した専用電の小型軽量池BOXです。
5W運用から50W運用まで運用スタイルに合わせて3製品を用意しました。
国内メーカのリチウムイオン電池を使用しており、国内製造の安心な製品です。

 ■BL-50TX (250Wh)
   50Wの移動運用がたっぷり楽しめます。
 ■BL-50TXS (153Wh)
   50Wの移動運用が気軽に楽しめます。
 ■BL-818 (115Wh)
   FT-818の6W運用、IC-705の10W運用に最適
 
■IC-905の移動運用の電源としても最適です。
  IC-905は送信電流は少ないのですが受信時に常時2A流れますので大容量の電池が必要です。
  3時間運用ならBL-50TXS、5時間運用ならBL-50TXを推奨します。
  写真は1.2G,2.4G,5.6Gの運用例です。

BLシリーズの主な仕様

購入について

銀行振込、代引き、クレジットカードでの購入が可能です。
販売価格は下記のNBCヤフーショップ、購入依頼 からご確認下さい。

1.銀行振込での購入は、こちらからお願いします。 問合せ・注文 
 折り返し振込の銀行口座(三菱UFJ銀行)を連絡します。

2.代引きでの購入は電話でも注文をお受けいたします。080-4138-6458

3.クレジットカードでの購入は Yahoo!ショップの”NBCヤフーショップ”からご購入をお願いします。 NBCヤフーショップ 

お問い合わせについて

本製品についてのお問い合せは、こちらからお願いします。   問合せ・注文 
 電話でもお受けしています。 080-4138-6458

 

50W送信運用可能な軽量バッテリーBOX
        BL-50TX/TXS


BL-50TXシリーズ 特 徴

■リチウムイオン電池で実現した驚きの超軽量
           940g(50TXS)  1400g(50TX)

■50W送信を可能とする大電流、大容量電池
           出力電圧 14.5V(~12V)
           出力電流 15A MAX
           電池容量 156Wh(50TXS) ……航空機の機内持ち込みが可能です。
           電池容量 250Wh(50TX )  ……航空機の機内持ち込みはできません。

■しかもリュックサックの片隅に入る大きさ           

■運用例 FT-857Dで運用した場合
 送信運用時間【BL-50TXS】
   7MHz  SSB/CW送信時 50W送信  5時間
 送信運用時間【BL-50TX】
   7MHz  SSB/CW送信時 50W送信  9時間
                 *条件は、送信1:受信3で運用
     勿論、最新のFT-891、FT-991、IC-7300でも運用可能
■価 格(充電用ACアダプター付、送料無料)
 
     BL-50TXS   43,500円 ( 消費税込 )
     BL-50TX   57,500円( 消費税込 )
BL-50TXシリーズの詳細はこちらです。 BL-50TX 

 

■秦野市岳ノ台でFT-891Mでの7MHz50W運用動画です。

■”たくてれ” さんのYoutubeチャンネルでもBL-50TXSが紹介されました。

■伊勢原市大山山頂でFT-857DMでの50MHz運用動画です。

 10W送信運用可能なFT-818/IC-705用軽量バッテリーBOX
        BL-818

携帯に最適な移動運用アマチュア無線機FT-817/818、IC-705等の外部バッテリーBOXです。
リチウムイオン電池を内蔵し、わずか700gという軽量ながら115Whの電池容量です。
受信時は昇圧回路は動作させませんのでHF運用での電源ノイズで悩まされることは皆無です。
送信時13.8Vの電圧を出力することにより、FT-818では6W、IC-705では10Wの送信運用が楽しめます。


BL-818 特 徴

■リチウムイオン電池で実現した驚きの超軽量
   700g (鉛電池の1/4)

■10W送信運用を可能とする13.8V電圧出力
   出力電圧(送信時) 13.8V
   出力電流 3A MAX
■安心の長時間運用が可能な電池容量
   電池容量 115Wh(11.1V 10.4Ah)
     (FT-818内蔵電池の6倍、IC-705内蔵電池の8倍の電池容量)
■運用可能時間 (FT-817ND/FT-818ND運用の場合)
   FMで8時間、SSBで12時間もの5W長時間送信運用が可能
■運用可能時間 (IC-705の場合)
   FMで7時間、SSBで12時間もの10W長時間送信運用が可能
      (条件:送信1:受信3)
■受信時はノイズ皆無の安心運用。DCコンバータのノイズは出ません!
   出力電圧(受信時) 12V~9V
■送信と受信の電圧切替は電源電流を検出して自動切換。 ケーブル不要

 ■簡単接続 FT-817/818接続用電源ケーブルとIC-705接続用電源ケーブルの2本を付属しています。

■価 格(充電用ACアダプター付、送料無料)

BL-818   33,500円 ( 消費税込 )

BL-818の詳細はこちらです。 BL-818 

ご購入者の運用写真

BLシリーズをご購入された方からの提供写真です。

1.2022年5月 BL-50TX 2台をBL-50PAで並列運用 FT8の長時間移動運用に使用の写真です。
        (写真提供:JA8NSF/1) 

2.2021年11月 飛行機で持ち運べるBL-50TXSで石垣島で移動運用した写真です。
   (写真提供:JK3WKK) ブログ https://jl3yyy.p-kit.com/page510099.html

3.緊急事態宣言解除で八王子市・今熊山にFT-818NDとBL-818で移動運用の写真です。
         (写真提供:JJ1HTO) ブログ https://jj1hto.amebaownd.com/

4.FT-450MとBL-50TXで車移動運用。接続ケーブルを純正のDC電源ケーブルからBL専用の電池ケーブル
 に変えたら背面がスッキリしたと好評でした。(写真提供:JA1DFP/JR9POO)

5.5.6G、10Gの2台のUPバータの電源としてBL-50TXSを使用されている写真です。
 2020年の関東UHFコンテストで大山山頂から運用されました。(写真提供:JA1UOA)

6.最近近買いまして2台のBL-50TXで車で運用されている写真です。IC-7300をお使いです。
 運用時間がとても伸びたと好評を頂きました。(写真提供:JA8DMG/3)

7.2019年8月 与論島からFT-891で50W運用された写真です。
   飛行機の機内持ち込みができるBL-50TXSをご購入されました。(写真提供:JP3UPR)

8.自転車モービルで運用されている写真です。IC-7100MとBL-50TXSを荷台に着けて運用されています。
       (写真提供:JF1QYD)

9.2018年8月 石垣島・波照間島(日本最南端)からFT-857Dで50W運用された写真です。
   飛行機の機内持ち込みができるBL-50TXSをご購入されました。(写真提供:JQ1NUT)

石垣島埠頭から

波照間島宿の屋上から